Setting List

Setting List

EELで構造モデルを作成・構造解析するためには、事前に材料強度や断面などを設定しておく必要があります。

設定可能な項目は
・Section List(断面リスト)詳細
・Thick List(厚さリスト)詳細
・Material List(材料リスト)詳細
・Wall List(壁リスト)詳細
・Joint List (ジョイントリスト)詳細
・FloorLoad List(床荷重リスト)詳細
6種になります。

これらはExcelなどを使ってCSVデータを作成・編集し、EELに読み込ませることで反映することができます。
設定した項目をコンポーネントで使用する場合は、該当するリストで指定した名称や数字入力することでCSVからデータを参照することができます。

読み込んでいるファイルの確認方法

Assembleコンポーネントで読み込んでいるファイルは、Assemble下部のInputFormから表示されるフォームの表示・出力設定タブから表示することができます。

Section List(断面リスト)

BeamElementで指定する断面を設定します。
断面を指定する際はName列(下図赤枠)の名称を入力します。

設定項目

Name:Grasshopper上で呼び出すための名称を設定
SectionType
P1~P10
:断面の種類及び寸法を定義
 詳細は次の項目で紹介します。
StructureType:部材の分類を整数で入力
 0: 柱、1: 梁、2: 鉛直ブレース、3: 小梁、4: 水平ブレース、5: 間柱、6: 胴縁、7: 母屋
 (SNAP、ST-Bridge へのモデルの変換する場合は、0: 柱、1: 梁、2: ブレース として設定してください。)
Material:任意の材料名
Profile :断面を識別するための情報
 例)H-400*400*13*21*22

断面形状・寸法の定義
SectionType(形状タイプ)及び断面パラメーター(P1~P10)は以下のように定義します。

new
・Ver1.0.9よりRC円形断面の配筋入力に対応しました。そのため解析や断面算定にも対応しています。
・Ver1.0.9よりせん断補強筋の本数を入力できるようになりました。デフォルトは2本ですが下記表の「BandD」にハイフン区切りで入力することで指定本数を入力することができます。またこの変更に伴いAssembleコンポーネントのInputForm>>断面リストもCSVにかかわらずこの表記にフォーマットされます。
入力例
・柱:”3-4-13”, [局所座標系Y軸に平行なせん断補強筋]-[局所座標系Y軸に平行なせん断補強筋]-[配筋径])
・梁:”3-13”, [せん断補強筋の数]-[配筋径])

 

Thick List(厚さリスト)

MeshElementで板要素を作成する際に使用する材の厚さリストです。

設定項目

NoGrasshopper上で呼び出すための数字
Thick in面内厚さ
Thick out面外厚さ
Material任意の材料名

Material List(材料リスト)

MaterialListでは各要素を作成する際に参照する材料のリストです。

設定項目

Type鉄であればSTEEL、コンクリートであればCONC、それ以外(木材など)であればUSERと記入
Code/YoungRatio[N/mm2]列以降はここに記入したものによって入力が異なります。
NameGrasshopper上で呼び出すための材料名称
Code/YoungRatio[N/mm2]Type列でSTEELもしくはCONCを記入していた場合はすべて0を入力
Type列でUSERを記入していた場合は列ごとにユーザ定義の値を入力します。
ポワソン比
線膨張係数
比重
質量密度
Type列でSTEELもしくはCONCを記入していた場合はすべて0を入力
Type列でUSERを記入していた場合は列ごとにユーザ定義の値を入力します。
Fc(基準圧縮強度)
Ft(基準引張強度)
Fb(基準曲げ強度)
Fs(基準せん断強度)
Type列でCONCを記入していた場合はすべて0を入力
Type列でSTEELもしくはUSERを記入していた場合は列ごとにユーザ定義の値を入力します。

Wall List(壁リスト)

WallListではWallElementで壁要素を作成する際に参照する壁のリストです。

設定項目

NameGrasshopper上で呼び出すための壁名称
Thick壁の厚さ
Material任意の材料名

Joint List (ジョイントリスト)

JointListではJointElementでジョイント要素を作成する際に参照するジョイントのリストです。

設定項目

NameGrasshopper上で呼び出すための名称
Type断面タイプ
現状は「I : H 形 ( 縦 )」のみ有効
※ H:H型(横)も未対応
P1梁せい [m]
P2梁幅 [m]
P3ウェブ厚さ [m]
P4フランジ厚さ [m]
ウェブ厚ウェブ添板厚さ [m]
※ボルト長さは板厚に比例
ウェブボルト径ウェブボルト径 [m]
nwウェブボルト部材長方向の列数
mwウェブボルト部材せい方向の行数
ゲージウェブボルトゲージ [m]
(ウェブボルト部材のせい方向のピッチ)
ピッチ
ウェブボルトピッチ [m]
(ウェブボルト部材長方向のピッチ)
はしあきウェブボルトはしあき [m]
フランジ外添板厚フランジ外添板厚さ [m]
※ボルト長さは板厚に比例
フランジ内添板厚フランジ内添板厚さ [m]
※ボルト長さは板厚に比例
フランジボルト径フランジボルト径 [m]
nFフランジボルト部材長方向の行数
mFフランジボルト部材幅方向の列数
※2以上の偶数を入力
ゲージフランジボルトゲージ [m]
(フランジボルト部材のせい方向のピッチ)
ピッチフランジボルトピッチ [m]
(フランジボルト部材長方向のピッチ)
はしあきフランジボルトはしあき [m]
はしあき2フランジボルトはしあき2[m]
千鳥フランジボルト千鳥配置を以下から入力
 False: オフ , True: オン

寸法対応表

FloorLoad List(床荷重リスト)

FloorLoadListではFloorLoadで床荷重を作成する際に参照する床荷重のリストです。

列を追加することで最大8種類まで床荷重を入力することができます。

設定項目

LoadNameGrasshopper上で呼び出すための床荷重名
LoadCase荷重ケース名
kN/m2床荷重値
小梁荷重任意の材料名

Listを更新する方法

デフォルトではEELのプラグインが入っているフォルダのListが自動で読み込まれます。
EELでは別のフォルダに新たに作成したListを読み込ませることが可能です。

Assembleコンポーネント下部のInputDataをクリックすることで立ち上がるウィンドウのメニュー左上「File」からファイルもしくはファイルのまとまったフォルダを選択し読み込むことができます。
そのためプロジェクトや物件ごとにリストを作成し整理/管理することが可能です。

Load ~ Listを選択すると画像のようなダイアログが立ち上がります。
ここで新たに読み込みたいリストを設定することでリストの更新ができます。

またSelect List Folderを選択することで指定したフォルダ内のリストをまとめて読み込むことができます。ただしフォルダー内に6つすべてのリストがそろっている必要があります。

デフォルト以外のリストを読み込む場合は、Grasshopperファイルを開くたびに読み込みなおす必要があります。

https://www.youtube.com/embed/CxfQAyKm4l8
タイトルとURLをコピーしました